1. トップ
  2. 全商品
  3. 野菜・肉・魚
  4. 北海道産有機グラスフェッドビーフセット
  • 限定品

北海道産有機グラスフェッドビーフセット

13,208 円(8%税込)

(内消費税等 978円)

カタログコード:

特売期間

2020年01月01日 00時00分 ~ 2020年03月23日 00時00分
数量

在庫:

有り

お届けする

商品コード:

【原材料】
北海道産有機グラスフェッドビーフ
肩ローススライス約200g
ももブロック 約250g
小間肉スライス約400g
挽き肉 約400g

生産地は、紋別郡興部(おこっぺ)町という町です。
農事組合法人 支倉(はせくら)牧場生産組合が、飼養しています。 
 
 
2015年有機JASの審査員の資格取り、支倉牧場に牧草牛のチャレンジを持ちかけました。  
今後の北海道の新しい酪農の在り方を探そう、小規模酪農のビジネスモデルを作ろうと、了解してくれました。 
 
興部町は寒冷地で、ここで成功したらどこでも成功します。
 
2016年に牧場の畑の全て180haを有機農産物・有機飼料の認証を取得しました。餌はこれで完璧です。
単独認証としては、日本一だと思います。
 
酪農は乳を絞ってナンボなので、雄牛が産まれたらすぐに出荷します。 
なのでその雄牛を、有機飼養をする事にしました。 
 
餌は、100%牧草のみ。夏場は完全放牧、冬場は牛舎の中で、乾燥牧草のみを与える。
 
作業としては、簡単ですが、本当に牧草だけで、今の時代のホルスタインが育つのかと、生産者は心配していました。 
 
しかし、無事に育ち今年は有機畜産の認証も取得し出荷に至りました。 
ホルスタインの有機のグラスフェッドは、日本初です。
 
苦労した点は、牛は元気なので全く心配していませんが、生産者のモチベーションが下がらないようにする事です。
 
やはり、理念がぶれるとお互い辛くなるので、そこは意識して関わってきました。
 
それと、完成した時の肉の屠畜のルールがわからず、苦労しました。
酪農家は、そこまで経験ないんです。JAに出荷したらお終いです。
 
しかし、北海道オーガニックビーフ振興協議会(HOBA)との出会いで全て解決。
彼らの全面的な協力を頂き無事に屠畜、熟成、スライスパック、までしてもらいました。 
 
ちなみに国内に出回っている有機の牛肉は、全てこのHOBAのものです。
消費者の喜ぶ物、役に立つ物を栽培、生産する事で、生産者も潤うような当たり前の事に、チャレンジしています。
 
この試みは、単なる支倉牧場の事だけではないのです。
将来、農業を目指す人達の、選択肢の一つにする事で裾野が広がると思います。 
 
農業従事者がとても減ってきていて、輸入ばかりが今の日本です。
本当の食糧を作る人、買い支える人がいないと崩壊してしまいます。
 
この動きは、まだ、小さな小さな点ですが、この小さな点を大きくしたいのです。 
 
皆さん,ぜひ、今後とも協力して下さい。

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む